気になったら、
まずはお気軽に。

MSDカスタマーサポートセンター

通話料無料
電話番号は、お間違いのないようにお願いいたします
あなたが定期接種の
対象か、わかります
今すぐチェック
 

すでに、肺炎予防をしている方へ

高齢になるほど、肺炎のリスクは高くなります。

肺炎による死亡率は、65歳を過ぎると年齢とともに上昇していきます。

肺炎の年齢階級別死亡率肺炎の年齢階級別死亡率拡大する

厚生労働省 , 人口動態統計(2015(平成27))年より作成
日本呼吸器学会. 成人肺炎診療ガイドライン2017 p3

たとえば65~69歳に比べて、70~74歳では約2倍、75~79歳ではさらにその約2倍、というように、死亡率はどんどん上昇していきます。つまり肺炎予防は加齢とともにますます重要になっていくのです。うがい、手洗い、マスクの着用、そして予防接種といった肺炎予防をしっかり続けましょう。

監修大分大学医学部 呼吸器・感染症内科学講座 教授 門田淳一先生