気になったら、まずはお気軽に。
MSDカスタマーサポートセンター
通話料無料
電話番号は、お間違いの
ないようにお願いいたします
わからないことがあったらご遠慮なくお電話ください
今すぐチェック
 

すでに肺炎予防をしている方へ

すでに、予防接種を受けた方へ

高齢になるほど、肺炎のリスクは高くなります。

肺炎による死亡率は、65歳を過ぎると年齢とともに上昇していきます。

肺炎の年齢階級別死亡率 肺炎の年齢階級別死亡率

厚生労働省. 人口動態統計(確定数)2017年より作成

65歳、70歳、75歳と年齢があがるほど肺炎で亡くなる方の割合が増加します。うがい、手洗い、マスクの着用、そして予防接種といった肺炎予防をしっかり続けましょう。

成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方へ

成人用肺炎球菌ワクチンは2種類あります。
一度ワクチンを接種された方は、かかりつけ医やお近くの医療機関にご相談ください。
なお、23価肺炎球菌ワクチンの再接種(2回目接種)は定期接種の対象とはなりません。任意接種となります。

接種間隔について

  • 成⼈⽤肺炎球菌ワクチンの種類により、接種間隔が異なります。
  • 23価肺炎球菌ワクチンの場合、2回⽬、3回⽬の接種で、接種間隔が短くなると、局所の副反応(接種部位の⾚み、痛み、腫れなど)が強く出ることがあるため、5年以上の接種間隔をあける必要があります。
  • 再接種については、ご⾃⾝の健康状態を含め、お医者さんとよく相談して決めてください。

過去の接種歴について

成⼈⽤肺炎球菌ワクチンを接種した際、接種⽇を記載したカードやシールを受け取っていないでしょうか。お⼿許にないかご確認ください。

いつ接種したかわからない⽅へ

肺炎球菌ワクチンをいつ接種したかわからない⽅は、以下の⽅法で確認してみてください。
  • 接種した医療機関の医師への
    お問い合わせ
  • ⾃治体の補助を受けて接種した場合は、⾃治体のお問い合わせ窓⼝

お住まいの市区町村の予防接種情報

まったくわからない場合でも、お医者さんと相談することは可能です。

再接種に関するよくある質問

  • 肺炎球菌ワクチンは生涯に1回接種すれば大丈夫ですか?

    おひとりおひとりの状態によって異なります。再接種の必要性や、いつ接種するかについてはお医者さんにご相談ください。
    ※成人用肺炎球菌ワクチンは2種類あります。

  • 再接種を考える際、気をつけることはありますか?

    再接種を受ける際、初回接種から必ず5年以上あけてください。
    5年以内に23価肺炎球菌ワクチンの再接種を⾏うと、注射部位の痛みなどが強く出る恐れがあります。
    再接種を希望される場合は、お医者さんにご相談ください。

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
 
監修地方独立行政法人 長崎市立病院機構 副理事長/長崎みなとメディカルセンター 院長 門田淳一先生