TOP > なぜ肺炎予防
Close Mobile Navigation

なぜ肺炎予防

肺炎予防の必要性を知ってください。

ご存じですか?高齢になればなるほど、肺炎は気をつけたい病気です。


肺炎で亡くなる日本人の97.9%が65歳以上(2021年)

肺炎による死亡者の

97.9%は65歳以上1)

1) 厚生労働省.人口動態統計(確定数)2021年.



肺炎は年齢が上がるごとに死亡のリスクが高まる

肺炎は年齢が上がるごとに

死亡のリスクが高まる2)



肺炎は、高齢になると急激に症状が進むことがある

肺炎は発症後に

急激に症状が進む

ことがある3)


まだまだ若いと思っていても、年齢とともに、からだの抵抗力(免疫力)は低下しています。
日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などのちょっとしたことがきっかけで肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。
肺炎は、けっして軽視できません。
肺炎と、その予防について、きちんと知っていただくことが大切です。



肺炎を起こすしくみ

風邪をひく、インフルエンザにかかる、歳をとって体力が衰える、糖尿病、呼吸器や心臓に持病があるといったことが原因になってからだの抵抗力(免疫力)が弱まると、細菌などに感染しやすくなります。こういうときに細菌が肺に入り込むと、肺で増殖し炎症が起こり、肺炎を発症します。

抵抗力(免疫力)が弱まると、細菌などに感染しやすくなる



日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは肺炎球菌

国内9研究(市中肺炎3,077症例)、上位10病原微生物4)
(メタアナリシスにより95%信頼区間を追加)

グラフ:国内9研究(市中肺炎3,077症例)、上位10病原微生物

1 : MSSA、MRSAを区別している201株のメタアナリシスではMRSAは28.4%(95%CI 13.2-43.6)であった。
2 : Micro-IF法による診断率(2論文)28/922=3.0%、ELISA法による診断率(5論文)71/2.022=3.5%


肺炎で亡くなる日本人の多くが高齢者(65歳以上)であること、普段元気な高齢者(65歳以上)が日常でかかりやすい肺炎の主な原因菌は肺炎球菌であることから、特に高齢者(65歳以上)では肺炎球菌による肺炎などを予防することが重要になります。


出典

1)厚生労働省.人口動態統計(確定数)2021年
2)日本呼吸器学会. 成人肺炎診療ガイドライン2017 p3
3)厚生労働科学研究費補助金、新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業、重症型のレンサ球菌・肺炎球菌感染症に対するサーベイランスの構築と病因解析、その診断・治療に関する研究(H22- 新興- 一般- 013)報告書
4)日本呼吸器学会. 成人肺炎診療ガイドライン2017 p10


監修

地方独立行政法人 長崎市立病院機構 副理事長/長崎みなとメディカルセンター 院長
門田淳一先生

MSD肺炎予防音声ガイド

肺炎予防について、自動音声で紹介しています。

0120-688-910

携帯電話の場合、電話番号をタップするとそのまま発信できます。

電話番号は、お間違いのないようにお願いいたします


この啓発活動はMSD株式会社が行なっております。

個人情報の取扱い | ご利用条件COPYRIGHTお問い合わせ | アクセシビリティ

Copyright © 2024 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.