特別インタビュー動画 第2弾 公開中!坂東玉三郎が考える65歳からの肺炎予防と健康づくり

肺炎予防.jpとは

肺炎について、みなさまどの程度ご存じでしょうか。肺炎は日本人の死因第3位の疾患です。65歳を過ぎると、体力や抵抗力(免疫力)が低下し、風邪などのちょっとしたことをきっかけに、肺炎にかかってしまうことがあります。また、高齢者が肺炎にかかると、急激に症状が進むこともあるのです。「肺炎予防.jp」では65歳以上の方に向け、肺炎とその予防方法についてご紹介します。肺炎のおもな原因となる肺炎球菌についてもくわしく解説しています。また、みなさまから寄せられた、肺炎に関する質問もご紹介。ひとつひとつくわしくご説明しています。さらに、高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種について、いつ対象となるのか、生年月日から簡単に調べられる機能もご用意していますので、すぐに確認していただけます。ほかに、市町村の予防接種情報へアクセスできるなど、みなさまの肺炎予防にお役立ていただける内容が満載です。ぜひ、65歳からの健康づくりのご参考にしてください。

総合監修大分大学医学部 呼吸器・感染症内科学講座 教授 門田淳一先生