TOP > 高齢者(65歳以上)の肺炎球菌感染症の定期接種について
Close Mobile Navigation

高齢者(65歳以上)の肺炎球菌感染症の定期接種について

65歳以上を対象とした肺炎球菌ワクチンの
定期接種が行われています。

定期接種とは、「予防接種法」という法律に基づき市区町村が実施する予防接種です。


定期接種の対象者は、毎年度変わります。

今年度(令和5年度)下記の接種対象者の方が、定期接種としての費用助成を受けられるのは、令和6年3月31日までです。


*助成の有無や、助成内容、助成の時期については、お住まいの市区町村によって異なる場合があります。



今年度(令和5年度)の定期接種の対象者① 65歳の方

以下の2つに該当する方は、定期接種の対象者です。
これまでは、65歳で定期接種の機会を逃してしまった方も、70歳以降に「経過措置」として定期接種を受けることができましたが、経過措置は今年度で終了(令和6年3月31日まで)となります。
そのため、現行制度では今年65歳の方が70歳になった時に公費助成の機会はありません。

Tick今まで定期接種の対象となる成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方

Tick昭和33年4月2日~昭和34年4月1日生まれの方(65歳になる方)


※60~65歳未満の方でも、下記に当てはまる方は定期接種の対象者です。
・心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害がある方
・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方



今年度(令和5年度)の定期接種の対象者② 70歳以上の方

以下の2つに該当する方は、経過措置として、今年度中(令和6年3月31日まで)に限り定期接種を受けることができます。

経過措置は今年度で終了(令和6年3月31日まで)となります。そのため、現行制度では来年度以降、公費助成の機会はありません。

Tick今まで定期接種の対象となる成人用肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方

Tick令和5年4月2日~令和6年4月1日に以下の誕生日を迎える方


70歳

昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生まれの方

75歳

昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれの方

80歳

昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生まれの方

85歳

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生まれの方

90歳

昭和8年4月2日~昭和9年4月1日生まれの方

95歳

昭和3年4月2日~昭和4年4月1日生まれの方

100歳

大正12年4月2日~大正13年4月1日生まれの方



65歳以上で定期接種の対象外の方も、費用は自己負担になりますが、任意で成人用肺炎球菌ワクチンの接種が受けられる場合があります。定期接種制度(対象となる成人用肺炎球菌ワクチン、公費助成の内容等)についてはお住まいの市区町村やお医者さんにお問い合わせください。



監修

地方独立行政法人 長崎市立病院機構 副理事長/長崎みなとメディカルセンター 院長
門田淳一先生

MSD肺炎予防音声ガイド

肺炎予防について、自動音声で紹介しています。

0120-688-910

携帯電話の場合、電話番号をタップするとそのまま発信できます。

電話番号は、お間違いのないようにお願いいたします


この啓発活動はMSD株式会社が行なっております。

個人情報の取扱い | ご利用条件COPYRIGHTお問い合わせ | アクセシビリティ

Copyright © 2024 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.