気になったら、まずはお気軽に。
MSDカスタマーサポートセンター
通話料無料
電話番号は、お間違いの
ないようにお願いいたします
わからないことがあったらご遠慮なくお電話ください
今すぐチェック
 

成人用肺炎球菌ワクチンについて

肺炎予防のためにできることのひとつに、
予防接種があります。

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。 ※肺炎球菌感染症の予防接種は、すべての肺炎を防ぐものではありません。
※新型コロナウイルスなどウイルスによる感染症や、肺炎球菌以外の細菌による感染症は、肺炎球菌ワクチンでは予防することができません。(2020年2月28日追記)
※成人用肺炎球菌ワクチンには2種類あります。

以下に該当する方は、成人用肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。
  • 65歳以上の高齢者には強く推奨されています。

    日本呼吸器学会. 成人肺炎診療ガイドライン2017 p144

  • 以下の基礎疾患を持つ高リスクの方にも推奨されています。

    心筋梗塞や狭心症などの心臓の病気、喘息やCOPDなどの呼吸器の病気、糖尿病、腎臓の病気などの持病を持っている方、脾臓摘出を受けた方 など

    日本内科学会成人予防接種検討ワーキンググループ 成人予防接種のガイダンス2016年改訂版

成人用肺炎球菌ワクチン接種にあたってのご注意

肺炎球菌ワクチンは、接種してから抗体(免疫)ができるまで、約3~4週間かかります。
接種した部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛みがでたりしますが、通常5日以内には治まります。
そのほか、熱っぽい、だるいなど体調の変化があった場合には、すぐにお医者さんに相談してください。

以下の方は、接種することができません。くわしくは、お医者さんにご相談ください。
  • 接種当日に、あきらかな発熱があるなど体調の悪い方
  • 重い急性の病気にかかっている方
  • 肺炎球菌ワクチンによってアナフィラキシーを起こしたことがある方

接種費用について

成人用肺炎球菌ワクチンの接種にかかる費用は、お住まいの自治体(市区町村)や医療機関によって異なります。
また、自治体によっては、接種費用の助成を行っているところもあり、その補助の内容も各自治体によって異なります。
お住まいの自治体へご確認ください。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンの接種をあわせて行うことで、さらに肺炎予防につながります。

肺炎を予防するために、成人用肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンを接種することも強く推奨されています1)

1)日本呼吸器学会. 成人肺炎診療ガイドライン2017 P155

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
 
監修地方独立行政法人 長崎市立病院機構 副理事長/長崎みなとメディカルセンター 院長 門田淳一先生