気になったら、
まずはお気軽に。

MSDカスタマーサポートセンター

通話料無料
電話番号は、お間違いのないようにお願いいたします
あなたが定期接種の
対象か、わかります
今すぐチェック
 

65歳以上のご家族をお持ちの方へ

大切な人を、肺炎から守るために

肺炎は日本人の死因の第3位であり、肺炎で亡くなる方の約95%は65歳以上の高齢者です。
高齢になると発熱、咳といった肺炎の典型的な症状ではなく、元気がない、食欲がないといった様子しかあらわれないことがあります。そのためご家族などが肺炎と気づかないうちに重症化する危険性があります。症状が急速に進み、突然呼吸困難に陥ることもあります。
また、ご高齢の方が肺炎で入院すると、認知症の症状が起こったり、筋力が衰えたり、糖尿病や心臓の病気が悪化したりすることもあります。このように、肺炎は65歳以上の高齢者にとって健康を大きく損なう病気であるため、その予防は重要です。

肺炎は日本人の死因の第3位1)肺炎は日本人の死因の第3位1)

肺炎による死亡者の約95%は65歳以上1)肺炎による死亡者の約95%は65歳以上1)

  1. 1)厚生労働省.人口動態統計(確定数)2016年.

高齢者のご家族に向けた監修ドクターからのメッセージ高齢者のご家族に向けた監修ドクターからのメッセージ

監修大分大学医学部 呼吸器・感染症内科学講座 教授 門田淳一先生