トップページにもどる

  • ホーム
  • 65歳からの肺炎予防について

65歳からの肺炎予防について

どうして、肺炎予防が大切なの?

ご存じですか?肺炎は、日本人の死因第3位だということ。
しかも、亡くなる方の約95%が、65歳以上の方なのです。

●肺炎は、日本人の死因第3位。亡くなる方の約95%が65歳以上

【死因第3位、約95%が65歳以上】

●肺炎は、高齢になると急激に症状が進むこともある

【急激に症状が進むこともある】

まだまだ若いと思っていても、年齢とともに、からだの抵抗力(免疫力)は低下しています。
日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、
高齢になると、体調の変化などのちょっとしたことがきっかけで
肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。
肺炎は、65歳以上の方にとって、けっして軽視できない疾患なのです。
ですから、肺炎と、その予防について、きちんと知っていただくことが大切です。

2)厚生労働科学研究費補助金、新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業、重症型のレンサ球菌・肺炎球菌感染症に対するサーベイランスの構築と病因解析、その診断・治療に関する研究(H22- 新興- 一般- 013)報告書


ページのトップへ